ようこそ 現代農学 !
home

家庭菜園でミニアルパイン種のヤギを育てる

家庭菜園や家屋に最適なミニチュアヤギにはいくつかの種類があります。そのようなタイプの1つは、ミニチュアアルパインヤギ(しばしば単にミニアルパインと呼ばれる)です。これは、アルパインヤギのメス(doe)とナイジェリアンドワーフのヤギのオス(buck)の交配種です。ナイジェリアンドワーフヤギと同様に、これは乳用品種、つまり牛乳を生産するために作られたものですが、そのサイズはナイジェリアンドワーフヤギと標準的なヤギのほぼ中間のサイズです。この小さいサイズにもかかわらず、フルサイズのヤギとほぼ同じ量の牛乳を生産します。

ミニアルパインは、穏やかで、愛情深く、甘い性格を持っていることで有名です。これらのヤギは、やや「頭がおかしい」という評判もあります。そのため、ミニアルパインには、これらの個性の1つまたは混合物が見つかる可能性があることに注意してください。

外観

ミニチュア乳用山羊協会(MDGA)によると:

ミニアルパインには、次のようないくつかの異なるカラーパターンがあります。

  • スンゴー :このタイプは黒で、2番目のマーキングは白です。
  • シャモア このタイプは主に茶色またはベイカラーで、顔、足、脚、および背中の背側の縞に黒いマーキングがあります。
  • ツートンカラーのシャモア このタイプは、前部が明るく、後部が茶色または灰色です。

ミニアルパインの利点

明らかな利点の1つは、ミニアルパインはフルサイズのアルパインヤギよりも必要なスペースと飼料が少なくて済み、しかもほぼ同じ量の牛乳を生産できることです。ミニアルパインにはナイジェリアンドワーフの遺伝子が組み込まれているため、フルサイズのアルパインよりも双子、三つ子、四頭筋を簡単に作り出すことができます。

ミニアルパインの遺伝学

ミニアルパインは非常に新しい、やや実験的なヤギの品種であるため、古い品種のようにこれらの動物を互いに繁殖させることはできません。これは、ナイジェリアン・ドワーフをフルサイズのアルパインと交配することによって得られた第1世代の交配種です。一般に、2つの純血種の第1世代の交配種である品種は、雑種強勢を示す可能性があります。つまり、どちらの親よりも強く、弾力性がありますが、両方の親の最悪の特性を示すこともあります。健康はまた、第一世代の交配では予測できない可能性があります。ミニアルパインの繁殖を計画している場合は、群れに必要な品質を維持するために、多世代の繁殖プログラムに精通している必要があります。

ミニアルパインの購入

ミニアルパインは非常に人気があり、すべてのブリーダーが注意深く思慮深く繁殖しているわけではないため、ブリーダーから慎重に購入する必要があります。牛乳や肉の生産品質よりも、見た目、かわいらしさ、ペットとしての適性を重視して山羊を飼育している人もいます。

とは言うものの、これらのヤギは、親のために良い基礎株を見つけたり購入したりして自分たちで飼育しているホームステッドや小規模農家の間で非常に人気があります。ミニアルパインは、乳用ヤギが必要な場合に検討すべき品種です。 「両方の長所」が持っていると思われる約束が、実際には常に満たされるとは限らないことに注意してください。


()
農場

現代農学
現代農学